スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こじらせ読者。

最近、巷では「こじらせ女子」だの「こじらせ男子」といったフレーズをよく耳にするが、競馬のブログなんていうものを書いていると「こじらせ読者」によく遭遇する。

「こじらせ女子」「こじらせ男子」をご存じない方は↓コチラ

こじらせ女子
こじらせ男子

読者諸氏の周りにも居るであろう、大人になっても思春期真っ盛りのような自意識過剰タイプの「こじらせ系」だが、競馬ファンにもかなりこじれたのが多いのは、このブログの読者なら気づいているだろう。

それらは、

こじらせ読者→珍獣→害獣

と、ポケモンの進化のように姿かたちを変えていくのが特徴だ。

こじらせ女子もこじらせ男子も、思春期までにあまりもてなかった事や自信の喪失から、自虐的になったり自意識過剰な行動言動を取る事が多いらしいが、競馬ブログにおける「こじらせ読者」は・・・

馬券が当たらない・・・
予想業者に騙された・・・
有料予想を始めたのに客が集まらない・・・

などの背景から、すっかりこじれてしまい、

馬券で儲けているなんて嘘だ!
何か裏があるんだ!
俺は絶対に騙されないぞ!
馬券を見るまで当たっているとはいえない!

などと独自の理論を展開し、自らの捻じ曲がってしまった心を隠すために、攻撃は最大の防御なり!と言うが如くに、コメント欄などで、珍獣化・害獣化して、まんまとこじれて行く。

リアル社会では、自虐系に走るこじらせ系達だが、ネット社会の中では攻撃的に振舞うタイプが多い。

そういう、『こじらせ読者研究の第一人者』を自負していた俺だが、さすがに、めんどくさくなってコメント欄を閉鎖した。

とはいえ、最後にもうちょっとだけ遊んでみようと思い、1つの仕掛けをした。
閉鎖の告知をした記事『コメント欄。』に関してはコメント欄を閉鎖していたのだが、実は本日の早朝までは、それ以外の他の記事のコメント欄には書き込みが出来るようにしておいた。

アメブロなどでは、コメントの投稿などは記事ごとに設定できるわけではなく、オールオアナッシングで、設定されてしまうが、FC2ブログでは記事ごとにコメントを受け付ける仕様と受け付けない仕様に分ける事が出来るのだ。

とはいえ、そんな事を知っているのは、FC2でブログを書いている人間か、業者くらい、の極少数なのだ。
かく言う俺も、設定してみてFC2がそんな機能になっているなんてことを昨日初めて知った。

しかし、こじらせ系読者はそういうことをちゃんと知っているんだよ!
ただのアンチなら、いいね!のコメント欄やツイッターに乗り込んで来るんだが、そこが業者の業者たるゆえん。
すぐに、一つ前の記事に戻り、独自のこじらせ理論をブログのコメント欄に書き込んできた。
ブログに足跡を残さないといけないんだろうな。

釣れた!

というのはこういうことなのだろうな。

こういうコメントなんかを書き付けることを生業にしているからこそ、ほとんどの読者が知らない事を知っているのだろうな・・・という事なのだと思う。

それか、こじれすぎた上での執念か・・・(苦笑)
まぁ、執念だけでそこまでするヤツってだけで、超こじらせ読者確定なんだけどな(笑)

とはいえ、なかなか秀逸な書き込みがあったし、せっかく書き込んでくれたので、紹介しておこうと思う。

■投稿者:やま氏

コメント閉鎖はいーけどブログは普通に続ければいーじゃん。ストレス発散なんでしょ?少なくともブログは普通に面白いのに。
叩かれてへこんじゃったの?案外ハート弱いよね。
いじけてやめた。って言ってる子供みたいだね。
気にしなきゃいーのに。

----------
チャン、チャン、チャン、チャラチャララ~ン♪

なんとうことでしょう~!
揚げ足を取っているようで全く取れていないコメントが立派な珍獣コメントへと変貌を遂げさせたではありませんか!
ブログをヤメるなどと一言も発していないのに、ヤメると思い込んでいる妄想力とギザギザハートの子守唄をつい口ずさんでしまうかのような、『案外ハート弱いよね』というフレーズ。
これぞ、こじらせの匠の技。

■アンチ氏

元美浦トラックマンなら
もう少し濃い内容の記事書けないのかね?
みんなが見たいのは、あんた予想じゃなく
関係者情報じゃないのか?

本当に関係者情報を持っているんなら
出して見せろよ!!
事情通とか言っといて全く事情通じゃねぇな!!(笑)

----------
なんということでしょう~!
この見事なまでのこじれ方!事情通を元TMに見立てた仕上がりの様式美はまるで世界遺産にも指定される遺跡のようではありませんか!

この方以前にもこんなコメントをくれています!

■アンチ氏

あんたさぁ~いつも思うやけど…
レース数買いすぎやろ!?
それと馬券種も買いすぎやな~
単勝 複勝 馬連 馬単 3連複 3連単って…土素人の買い方やで!!
自称オフレコならオフレコのみを買うとかにした方がよっぽど回収率が上がるやろ?
それと馬券種も一つに絞れや~
元美浦トラックマンさんよ!!(笑)

----------

なんということでしょう~!
「思うやけど」という言葉遣い、「土素人」という何故か土星人を思わせる誤変換。
コメントによって使い分ける変な関西弁と関東弁はまるで同一人物が発した言葉とは思えないほどの匠の技。
これぞ、こじらせの匠の名をほしいままにしてきた究極の技でしょう~。


と、大改造!劇的ビフォーアフターのナレーター風の口調で書かせてもらったが、素晴らしいの一言だ。

これぞ、こじらせ系!

情報が聞きたくて聞きたくてしょうがないのに素直に言えず煽れば出てくると思っている幼稚さと、自らはプロとも取れるような上から目線でアドバイスをくれる似非大人感を兼ね備えた、その優雅な佇まいは、「こじらせの匠」の称号を与えてもいいくらいだ!

これは、こじらせ系が珍獣に変身してしまった例の一つでしかないが、競馬は金が絡むだけに、自己責任という言葉の意味を理解できない潜在こじらせ読者は結構多いのだと思うわ。

そういうヤツらは見に来なければいいんだが、必ず見に来る。
そして、「おまえこそこじらせ系だろ!」という反論を恥ずかしげもなくしてくる。

遊びであると言っているパンの耳が当たらない!と鬼の首を取ったようにわめき、馬券を見せないからアイツは本当は儲けてねーんだと言う。

なぜ俺がそこまで、こじらせ系を信じさせてあげなきゃならんのだ?
ましてや、そんなこじらせ系に信用なんてして欲しいなどと微塵も思っていない。

とはいえ、おもしろかったな。

こんな、楽しいこじらせ系読者ウォッチももう終わりか・・・。
と考えていたら、コメント欄を閉鎖したばかりなのに、またオープンさせようかな(笑)
なんていう思いが沸いてきてしまったのだよ。

最後の最後に、なかなか秀逸なコメントを見せられて、後ろ髪を引かれる思いだが、コメント欄を閉鎖する!と表明した途端にブログのいいね!が過去最高の数を叩き出しちまったからには、俺の下衆な遊びにつき合わせるのも申し訳ないからな・・・ちょっと考えよ。

ということで、菊花賞の枠順決まったな。

って、どんな話のつながりだよ!とかのツッコミは受け付けないが、トーホウジャッカル、サウンズオブアースの神戸新聞杯2・3着組は良い枠引いたよな!

1-1 マイネルフロスト(牡3、柴田大知・高木登)
1-2 トーホウジャッカル(牡3、酒井学・谷潔)
2-3 サングラス(牡3、古川吉洋・谷潔)
2-4 サウンズオブアース(牡3、蛯名正義・藤岡健一)
3-5 シャンパーニュ(牡3、松山弘平・加用正)
3-6 ショウナンラグーン(牡3、吉田豊・大久保洋吉)
4-7 トーセンスターダム(牡3、武豊・池江泰寿)
4-8 ワールドインパクト(牡3、P.ブドー・友道康夫)
5-9 ハギノハイブリッド(牡3、福永祐一・松田国英)
5-10 ゴールドアクター(牡3、吉田隼人・中川公成)
6-11 アドマイヤランディ(牡3、藤岡康太・須貝尚介)
6-12 タガノグランパ(牡3、菱田裕二・松田博資)
7-13 ミヤビジャスパー(牡3、池添謙一・笹田和秀)
7-14 トゥザワールド(牡3、川田将雅・池江泰寿)
7-15 ワンアンドオンリー(牡3、横山典弘・橋口弘次郎)
8-16 サトノアラジン(牡3、浜中俊・池江泰寿)
8-17 ヴォルシェーブ(牡3、岩田康誠・友道康夫)
8-18 メイショウスミトモ(牡3、武幸四郎・南井克巳)

どういう競馬になるのか、妄想が膨らんでくるよな~!

ということで、また明日!

じゃーな!

質問、意見、コメントはツイッターまで!
@offrecoroom

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。